伊藤医院だより

2018.09.01更新

こんにちは。結局また久々の更新となってしまいました汗

当院でCT検査を始めてから14年目になります。

検査開始当初から一貫して続けてきたのは、検査結果を時間をかけてなるべくわかりやすくお話し十分納得して頂くこと、それから検査当日に結果をご説明してなるべく早くご安心頂くことです。

皆様とお話させて頂くと、検査当日の結果説明は私が想像していたよりも皆様が重視し好評を頂いております。

確かに精密検査で度々病院に通ったり、結果を待つ期間の不安感はストレスですよねun

実は当日結果説明は私にとってかなりのプレッシャーです。

『なるべく結果をお聞きになれるまでの待ち時間を少なくしつつも、その場でどんな画像が出てこようが正確に診断して皆様にお見せした時に理解して頂きやすい結果までまとめ上げる。』

『そして説明の時間も十分に取り、来て良かったと思って頂きたい。』

『大病院で起きているような長い待ち時間をつくらないように次の順番の方が時間通りに始められるよう無駄や落ち度がないように一件の検査に触れていく。』

こんなことを毎日肝に命じながら検査をさせていただいています。

ネットで検索されて当院のCTをお知りになり初めて病院にいらした方はきっと医院の玄関前で心配をお感じになると思います。

......というのも築50年目の建物でパッと見はありきたりの民家です。

『こんな所でいい検査が受けられるのだろうか...』と多くの方がお思いになるでしょうが、設備は十分ですし、とにかく皆様に満足してお帰り頂きたいという情熱は持ち続けています。

職場の健診で要精密検査の判定が出てしまいお困りの方や、ご自身・ご家族の体調に不安な変化をお感じの方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

近日、CT検査のご案内についてもより一層詳細な情報をホームページ内に掲載していく予定ですので、ご参考にして頂けたら有難いですglitter

投稿者: 伊藤医院

2018.02.07更新

こんにちはni

いつもホームページをご活用頂きありがとうございます。

多忙でありつつも頑張らなければいけないのでしょうが、申し訳ないことに1年ぶりのブログ更新ですuuntears

 

今シーズンはインフルエンザが過去20年で最大の流行と言われいまだに落ち着く気配がありませんが、

いよいよスギ花粉の飛散も始まりました。

あるメーカーさんの飛散予想によると今年のスギ花粉飛散量は関東では平年並みのようですが、

昨年の飛散量が少なかったので昨年比では150%の予想で昨年よりも辛く感じる方が増えそうです。

東北地方は昨年比で210%の予想ですので東北方面にお出かけのご予定がある方はくれぐれもご注意ください。

 

当院では今年も内服薬・注射薬・点鼻薬・点眼薬などで様々な治療を行っております。

重症の方にとってはたかが花粉症で済まされない辛さですので、

皆様のライフスタイルやご要望をしっかりとお聞きしてベストの治療法をお勧めしてまいります。

内服薬での治療をご希望の方は症状が出る前からの治療をお勧めします。

注射薬での治療をご希望の方はなるべく症状が発現してからの受診をお勧めしています。

診療予約は不要ですので、治療をご希望の方は診療時間内に直接ご来院ください。

投稿者: 伊藤医院

2017.02.17更新

この新しいホームページが公開されてから早くも1年が過ぎました。

多くの方に好評を頂きましたが、結局ブログの更新回数が少なくなってしまい大変申し訳なく思っております。

 

さて、今年もいよいよスギ花粉の飛散が始まりました。

あるメーカーさんの飛散予想によると今年のスギ花粉飛散量は

東日本では平年並み(・・・かやや少なめ)、それに対して西日本はかなり多い飛散!

と予想されています。

西日本にお出かけのご予定がある方はくれぐれもご注意ください。

 

当院では今年も内服薬・注射薬・点鼻薬・点眼薬などで様々な治療を行っております。

皆様のライフスタイルやご要望をしっかりとお聞きしてベストの治療法をお勧めしてまいります。

内服薬での治療をご希望の方は症状が出る前からの治療をお勧めします。

注射薬での治療をご希望の方はなるべく症状が発現してからの受診をお勧めしています。

診療予約は不要ですので、治療をご希望の方は診療時間内に直接ご来院ください。

私も高校生からの重症花粉症ですun一緒に辛い季節を乗り切りましょうleaf

投稿者: 伊藤医院

2016.10.22更新

まずはお詫びから・・・

多忙を極め、全くブログ更新ができなくなっておりました。

大変申し訳ありません。

これからはまた毎月更新できるよう頑張ります汗

 

さて今シーズンのインフルエンザですが、まだ不確定ではあるものの少し早めに流行しそうな気がしています。

当院でも先週、インフルエンザA型の方がいらっしゃいましたし、周囲の小学校などでも報告があるようです。

ワクチン接種後、効果が発現するまで約2週間かかりますので、11月中旬までのワクチン接種がお勧めです。

当院で接種をご希望の方は診療時間内に直接受診頂ければどなたでもすぐ接種できますので予約の必要はありません。

受験生の方は念のため、2回接種を推奨しています。(病気で今までの頑張りが台無しになっては困りますものね・・・)

 

インフルエンザの症状としては38℃以上の高熱、咳症状、発熱に伴う頭痛・関節痛が主ですが、

先行して市販の感冒薬などを内服した方は熱がそれほど上がらない場合もあります。

『インフルエンザかな?・・・』と思ったら熱の出始めから24時間以上経過してからの受診をお勧めいたします。

発熱して間もなくは検査キットでの陽性率が低く判定が難しくなるためです。

 

もしインフルエンザにかかってしまった際の治療として一般的なのが吸入薬や内服薬ですが、

当院ではより早く治る可能性がある点滴治療も受けることができ、必要性が高い方には積極的にお勧めしております。

 

ワクチン接種、手洗い、うがい、加湿などでインフルエンザにかからないよう冬のシーズンを乗り切りましょうnico

 

 

投稿者: 伊藤医院

2016.08.03更新

こんにちは。

約1か月ぶりの更新です。

ついに梅雨明けして猛暑到来の8月となりました。

最近、日々の気温・気圧変動についていけず既に夏バテしてしまっている方、エアコンの乾燥で風邪を引いてしまった方が増えてきています。

これからが夏本番ですので、体調管理をしっかりやっていきましょう。

それでも体調を崩してしまった時にはどんなことでも構いませんので何でもご相談くださいね!

 

さて、今回は診療に全く関係ない個人的趣味を中心とした内容にさせて頂きますehe

私の趣味のひとつはスポーツ観戦です。

ルールさえ知っていればどんな競技でも熱狂してしまいます。

これからリオデジャネイロオリンピックが開幕しますのでどれほどの寝不足になるのか想像するだけで恐ろしいです・・・

 

先日の日曜日(7月31日)、リニューアルした当院ホームページを管理してくださっている株式会社GENOVAさんのご好意で

スポンサーをされていらっしゃるサッカーの試合(GENOVA MATCH)を観戦してきましたsoccer

対戦カードはキングカズが在籍していることで名高い横浜FC対ジェフユナイテッド市原千葉です。

先月はとにかく屋内で仕事ばかりの1か月だったので、夜風に吹かれながら非常に気持ち良い時間を過ごしました。

外の空気をいっぱいに吸うと気持ちがリフレッシュしますね。

暑さに参ってエアコンの中に入り浸ってだるくなった時には少し窓を開けて外の空気を吸ったり、5分程度の短い散歩で気分が変わりますよ!

体も気持ちも元気さを保ちながら夏を乗り切りましょう!!

投稿者: 伊藤医院

2016.06.30更新

昨日に続いてのブログ更新です。

明日からは激務が続きますため、しばらく更新できないと思いますがどうかご容赦ください(・∀・;)

本日から胃がん検診の予約を受け付け始めました。

大変有難いことに昨年までと同様たくさんの予約を頂いております。

胃がん検診は数に限りがありますので、ご希望の方はお早めにご予約ください。

(予約方法に詳細は新着情報をご覧ください。)

 

他のがん検診につきましては数に限りはなく、ご希望の方全員がお受けになれます。

開始時は混雑が予想されますので、お慌てにならず来年2月までの実施期間中でご都合のよろしい時に受診頂ければと思います。

 

大田区がん検診は数年前より受診率が上がってきましたが、まだまだお受けにならない方のほうが圧倒的に多いです。

がんは早期発見が非常に大切ですので、『なんかめんどくさいし・・・』、『悪い結果が出たら嫌だし・・・』と思わず積極的にお受け頂きたいです。

ご不明・ご不安な点がございましたら診療の際に何でもご相談くださいni

 

 

投稿者: 伊藤医院

2016.06.29更新

ご無沙汰のブログ更新となってしまいましたが、今回は当院の売りのひとつであるCT検査を改めてご紹介いたします。

日頃の診療をしていると私のことをもともと内科医だとお思いになっている方が多いようですが、実は放射線科医として仕事を始め約10年は大規模病院で各種検査や画像診断を専門に働いておりました。

その間、内科医としての勉強もしつつ現在に至りますので、日頃の診療はもちろん自信を持ってやらせて頂いておりますが、最も得意とするところは画像診断です。

当院はとても小さな診療所ですが、これまでの経験を活かすべく2005年3月にCT装置を導入いたしました。

日頃の診察や健康診断で精密検査が必要になった場合、大きな病院で検査を受けてきて頂くのが一般的な診療所のスタイルですが、精密検査がCT検査である場合には当院で検査・結果説明・治療までの全てを完結できる可能性が高く、皆様のご負担を減らしお喜び頂けるのではないかと自負しております。

もちろん精密検査はCT検査だけに限らず、MRI検査・超音波検査・内視鏡検査などが必要になってくる場合もありますが、そのような場合でも他院さんで検査を受けて頂いた後、画像などをお持ち帰り頂き、今後の方針を相談させて頂くことも可能です。

CT検査はこれまで当院にかかりつけの患者さんはもちろんのこと、近隣の医療機関からのご紹介の方、当院のホームページでCT検査のことをお知りになった方など大田区・品川区のみでなく遠方からも多数の方にお越し頂いております。

これから特定・長寿健診やがん検診のシーズンになりますので、CTでの精密検査が必要になった方はどうぞお気軽にご相談ください。

「来て良かった」と言って頂けるよう最善の検査と結果説明ができるよう努めますのでどうぞよろしくお願いいたします。

投稿者: 伊藤医院

2016.05.11更新

こんにちは。

約1か月ぶりのブログ更新です。

ここ数年年齢を問わず便秘症の方が増えている印象です。

欧米化した食生活や多忙での運動不足などが原因でしょうか?

医学的なことを挙げるとメンタルストレスを受けたり、常用している薬によっても知らず知らずのうちに慢性便秘が続くことがあります。

薬の代表的なものは風邪薬です。咳止めや鎮痛剤は数日の内服でも便秘になることが多いので気をつけてくださいね。

鎮痛剤は風邪の時だけではなく、頭痛・腰痛・生理痛など痛みを感じた時に常用しやすいので隠れた便秘の原因になっていることがあります。

他にも精神安定剤や導眠剤(睡眠薬)など便秘を引き起こし得る薬はたくさんあります。

 

そして便秘が解消されないと腸に便が詰まって進まないわけですから食欲がなくなり体調を崩すことがありますし、

便秘によって気持ちの落ち込み(抑うつ症状)が出ることも知られています。

長期的には大腸がんのリスクが高まることもあります。

 

これから暑くなり汗をかくようになると水分補給しているつもりでも便にまで水分が回らず便秘を引き起こすこともあります。

水分は十分に補給し、食物繊維の多い食事を心がけ、適度な運動をして便秘を予防しましょう。

私も頭痛持ちで鎮痛剤は良く飲むので、「もずく」や「ひじき」などの海藻類を多く食べて便秘を予防しています。

 

日々の努力で便秘が解消されない場合は下剤を適度に内服することで体調を整える必要があります。

下剤は大きく3つのグループに分類されますが、向いていない下剤を過剰に内服するとそれによる副作用が起こることもありますので、

便秘でお困りの際はご相談ください。

 

投稿者: 伊藤医院

2016.04.06更新

こんにちは。院長の伊藤省吾です。

先月ホームページをリニューアルしましたが、以前よりスッキリして見やすくなったと好評でした。

 

さて、先週まで毎日のようにインフルエンザの方を診療する異常事態が続きましたが、今週になってようやく落ち着いた感があります。

過去にはゴールデンウィークまで流行し続けた記憶もありますが、桜が綺麗に咲き誇る時期のインフルエンザはやはり違和感があります。

 

今回のブログはガラッと内容が変わり骨粗鬆症(こつそしょうしょう)のお話です。

この病名、読めますか?書けますか??

私は毎日のように触れつつもここ数年でようやくさらっと書けるようになりました。

病気の名前は難しいですね・・・

 

内科で健診をしていると身長計の上から「また縮んだ・・・」と残念そうに囁く声がよく聞こえてきます。

しかし身長は年々必ず縮むものです。

例えば背骨(椎体)が24個あるのでそれぞれがわずか1mmずつ縮むと身長は2.4cm低くなります。

それでも年々異常に縮む方は要注意で特に閉経後の女性は骨粗鬆症の可能性があります。

整形外科でしか治療できないと思っていらっしゃる方も多いようですが、内科でも治療をして経過を見ていくことができます。

当院では骨密度検査も受けられます。

MD法という手の骨密度を測定する簡易的な方法ですが、同じ検査を定期的に比較していくことで十分な治療効果判定ができます。

治療に関してもここ数年の進歩はめざましく、以前は骨が壊れていくのを予防する薬がほとんどでしたが、

最近は血液中のカルシウムを有効利用することで新しい骨を造り出す治療が行われるようになり、

当院でも積極的にこの治療を取り入れてたくさんの方に効果を実感していただいています。

 

「別の科の病気だから治療は無理かな・・・」とお思いになってもとりあえずご相談くださいね!

(もちろん当院では不可能な治療もたくさんありますので、その際は症状に合った病院さんをご紹介いたします。)

投稿者: 伊藤医院

2016.03.04更新

はじめまして。院長の伊藤省吾です。

ホームページのリニューアルに伴いブログを始めることとなりました。

月1回程度の更新を考えております。

多忙になると数か月放置・・・という状況になることもあるかと思います(・・;)がどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、今シーズンは遅れて流行り始めたせいかインフルエンザがまだまだ衰えません。

ちなみに私も先月に10年ぶりにインフルエンザに感染してしまいましたsuu

そしてダブルパンチのようについにスギ花粉が本格的に飛散し始めましたね・・・

私、高校生から現在まで重症花粉症と闘い続けています。

一昨年まではスギとヒノキの花粉症だけでしたが、昨年からどうやらブタクサの花粉症も発症したようです。

これから春めいてきてお花見や旅行など楽しみなシーズンですが、マスクが手放せずティッシュを抱えながらではせっかくの楽しい行事も台無しです。

今年は平年並みの飛散予報が出ていますが、昨年の飛散量が少なめでしたので、『去年よりなんか辛いな・・・』と既に感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

花粉症の方はお花見や旅行などの春シーズンが楽しく過ごせるよう、今からご自身のライフスタイルに合った治療をしっかりと始めてくださいね!

投稿者: 伊藤医院

前へ
伊藤医院だより伊藤医院だより お問い合わせお問い合わせ 大森医師会